2018/10/1発売予定

81gUGR2IOaL

羽生結弦選手の今季初戦を詳細リポート AERA10月8日号に掲載/「心に火が灯った」

10月1日月曜日発売の週刊誌「AERA」10月8日号は、男子フィギュアスケートの羽生結弦選手の今季初戦となったオータム・クラシックを取材。新しいプログラムとなったショートとフリーの演技を詳細リポートします。

羽生選手は9月21日、22日にカナダ・トロントで行われたオータム・クラシックで今季初戦を戦い、優勝しました。ただ、フリーの演技では、ジャンプで転倒もあり不本意な表情。それでも、「五輪後抜けていた『勝ちたいな』という気持ちが、自分の中に灯った」「本当に火をつけられたような状態」「勝たなきゃ意味ないですから」と、試合での収穫を語っています。

この大会では、子どもの頃から憧れてきたというエフゲニー・プルシェンコとジョニー・ウィアーの代表作から曲を使用した、新しいプログラムを初披露。胸元にカッティングのある新しい衣装も注目です。AERAの詳細リポートで、羽生選手の今季初戦をじっくりご堪能ください。





フィギュアスケートランキング

スポンサーリンク